Affective Bust Therapy

アフェクティブバストセラピー認定講師

大阪:植田 稀紀子 Makiko Ueda

アフェクティブバストセラピー協会を主宰しバストケアの大切さをお伝えしている私ですが、実は高校生の頃はBカップでした。中学で卵巣膿腫で開腹手術、片方の卵巣を取りました。 思春期に、肉体的にも精神的にも大きなショックを受けました。 そして、高校の頃は無茶なダイエットを繰り返す。10代なのに、カラダは冷え冷え。ブラはちゃんと測ったりせず、こんな感じかな?と適当に着けていたし、骨格が大きかったので無意識的……

[続きを読む]

東京:益本 香織 Kaori Masumoto

キレイは自分で育める 「ちっぱいもおっぱいも自分の大切な要素」 長崎市のアフェクティブバストセラピスト協会認定講師田中礼華です。 (おっぱいおばさんと呼ばれてます(笑)) 私はちっぱいさんです。 ちっぱいがコンプレックスで豊胸手術を真剣に考えたこともありました。 そんな私でしたが、今から4年ほど前30代後半に自分の生き方身体のあり方を見つめ直すきっかけとなる出来事がありました。同じくしてプロボディ……

[続きを読む]

大阪:高谷 実穂 Miho Takaya

私は高校生のころから身長が170cm近くあり、そして同じように人より大きく育った私のバストが恥ずかしくて自分を好きになれなかった。 小さくて可愛らしい女の子に少しでも近づけるよう猫背で巻き肩でずっと過ごしていました。 そう、私自身が自分を認めてあげていなかった。 結婚・出産を経て40歳を迎えようとする私のおっぱいはそんな自信のなさが現れたように萎んでいました。 「これで仕方ない、私なんて何をしても……

[続きを読む]

大阪:山﨑 寛子 Hiroko Yamasaki

大阪のアフェクテイブバストセラピスト山﨑寛子です。 前職はとても好きな仕事でしたがとてもハードで睡眠不足や肩こり、肌荒れが慢性化。さらに年齢とともに代謝が悪くなりバストは無いのにウエストが太く下半身太り等、女性である事を忘れていました。 アフェクテイブバストセラピーを受けて感動したことはバストのケアで女性特有の悩みを解消出来ると言うこと。 バストに自信が無くバストケアを全くして来なかった私に取って……

[続きを読む]

大阪:松丸 祥子 Sachiko Matsumaru

私は30代半ばから体重の減少とともにデコルテが急に削げ落ち、おっばいは萎んでいました。 他面のケア方法を繰り返した時もありましたが効果を感じることはありませんでした。周りからは何かあったのかと心配される程ペラペラになった色気のない私のデコルテ。 「歳なりに仕方がない」「そんなものかな」と思いながらも浮くなったデコルテに心は寂しくなっていました。 そんな時に「アフェクティブバストセラピー」を受けまし……

[続きを読む]

大阪:Ayumi

おっパイの先生になるなんて〜 子どもたちに捧げて空っぽに萎んでしまった授乳後のバストに全く自信のない私には考えられなかった事。 始めはこんな私のバストですから半信半疑からではありましたが美おっパイに憧れアフエクティブバストセラピーを学びバストケアを日常に意識するようになってお手入れをするほどにバストにハリが戻ってくらのを感じることができました。 でも、1番の変化はコンプレックスでしかない自分のおっ……

[続きを読む]

兵庫:西田 美華 Mika Nishida

私は28歳で1人目を出産し、見事なほどにオッパイが激変しました。 垂れ、削げ、萎み、、、 おばあパイに。 自分ではもう見るのも嫌になってました。 でも気になるし、、という思いでその後バストケアに良いとされるような事はしてみましたが、、、効果ない 続かない、効果ない、、 の繰り返し。回復はしないままに2人目、3人目と出産が続き、とうとうオッパイに目を背ける5年間となりました。 母になったからもう仕方……

[続きを読む]

島根:矢田部 晃子 Akiko Yatabe

私の悩みは「ちっぱい=ちっちゃいおっぱい」と「大きな左右差」でした。 骨格、体質から来る深刻なもの。左右の胸骨の厚みの激しい差と、脂肪のつきにくい体質。40代になり、諦めも出てきていました。昔から色々試してみては挫折する日々。脂肪のつきにくい体質は「自慢ですか」と取られかねないので、下手に口にはできません。 痩せるメソッドは数多くあれど、太るメソッドは中々ないのです。 「羨ましい」「スマートですね……

[続きを読む]

福岡:大山 リエ Rie Ooyama

福岡のアフェクティブバストセラピスト、協会認定講師の大山リエです。 プロボディデザインフェイスデザイナーとしても活動中です。 私は、長い間飲食業に携わってきました。 生活は昼夜逆転、立ち仕事だし毎日足はパンパン、男性と同じように力仕事もこなしていました。 それなりにストレスも抱えながら、生活が不規則なせいか、体重の増減も激しかったので、もちろんバストのサイズ変化も激しかったです。 40歳を過ぎた辺……

[続きを読む]

熊本:西村 福美 Fukumi Nishimura

どんなに表面を美しくしても、美しくなりたいからこそ必要なのが身体の中からのケア、ココロのケア。 それに直結していたのが、なんと! バストケアだったのです。 私自身が、仲間にさえ見せることが恥ずかしかったバスト、触れることで変化していくカラダ。 主催者の稀紀子さんにおっぱいマッサージしていただいて、ふっくらした時の感動!きちんとサイズを合わせたブラのフィット感。 忘れられません。みんな、知らないだけ……

[続きを読む]